| @種まき | B草刈り | C稲刈り 

田植え(5月〜6月)
@代かき | A田植え            
@代かき … 田植えをするためには、まず田んぼを田植えのできる状態にしておかなければいけません。

  昨年稲刈りの終わった田んぼはそのまま冬を迎え、雪が積もり、土壌が凍り
  春を迎えるころに溶けていきます。
  その頃、田んぼにトラクターを入れて土を耕します。これを「田起こし」と言います。
  
  ※トラクターの歯の部分はこのような感じ。こうして田んぼを耕していきます。

田起こしの済んだ田んぼ。手前側をごらん下さい。右奥は減反です。

  田起こしの済んだ田んぼに肥料を入れて土壌に混ぜ込みます。うちの場合は有機JAS認定の有機栽培米も
  作っていますので、それと同じ有機肥料(魚肥・ぬかなど)を使っています。特別栽培米のために改めて化学肥料を
  購入することはしておりませんので、化学肥料は一切使用してないということになります。もう在庫もありません。

肥料をまいている様子です。


  それが済んだ後、いよいよ水を入れて代かきの準備です。代かきは2回に分けて行われます。
  



           @まず、代かきが出来るぐらいまで水を入れ…










 Aトラクターで代かきを行います。
  1回目の代かきを荒代(しろ)と言い全体的に代をかきます。
  2回目の代かきを上代(しろ)と言い、田植えが出来るように
  表面を整えながら代をかきます。



上代(しろ)の済んだ田んぼです。
All Rights Reserved, Copyrightc © KABUKURI GREEN FARM 2006-2014